Journey's Journey

旅に生きる一人の大学生のお話

ありがたやありがたや………

2016/8/12,13

宮城県大船渡市~宮城県山田町

宮城県山田町~青森県階上町

 

こんばんは

ジャーニーです

ちょっと長くなるかもです

 

昨晩はイワタの書いた通り、母の知人=俺は全く面識がない、のお宅にお邪魔さしていただき、久方ぶりの文明的生活を享受さしていただきつつ、散々お世話になってしまいました、いやほんと神様のように崇め奉りたいです、夕飯の刺し身盛りとエイのヒレの煮付けがうますぎてうますぎて………しかもです!!!娘さん(JK)が甲斐甲斐しく給仕してくださるときた、ここはどこの極楽浄土かと思うのも致し方ないと思いません?

てことで昨日は道中はクソオブクソでしたが結局最高な一日となりました

 

今日は山田町から漕げるだけ漕いで八戸に近づこう!ってことで、朝から晩まで計160㎞を次から次へと現れる上り坂をザクザク倒しつつ進む日でした、山田町~田野畑間はまぁしんどかったんですが、それ以降はそれまでの三陸のクソさに比べれば楽しさすら感じるレベルで、言うほど苦痛に感じず移動できました、途中で日が暮れてナイトランとなってしまい、熊でも出たらヤベェな死ねるとか思ってたんですが、日が沈むとどうでしょう!!!満天の星空!しかも流れ星のアクセントまでついてくる!!!最高でしたね、ナイトランがこんなに楽しく感じたのは初めてだったかも知れません、まるでプラネタリウムのなかを走ってるみたいでした

移動日とはいえ俺は根っからのツーリストなのでちゃっかり観光もしました、鵜の巣断崖とかいう海食崖見たり、玉川鉱山の坑道跡を利用した博物館を観たりですね、鉱山跡は結構ビビりました、蟻の巣みたいに坑道が四方八方に延びててあんなんにふらっと入り込んだら絶対遭難します

グルメですが念願のホヤ(ノさん)を食べました、ホヤ(ノさん)ラーメンです、やっぱりぶにょぶにょしてて不思議な味でした、食べれなくはないですね

 

そういや道中武蔵野UCCの一団に会ったのですが、パツキンのチャンネー含む女性2名を連れたチャリダー隊で軽く殺意がわきました、けどどーせ三陸でみんな死ぬんでまぁいいかなと思います

 

-------------------------------------------------------------------

 

こんばんは、岩田です

気付いたでしょうか?今日はジャーニー&岩田ではありません。

 

ジャーニーは岩手県の山田町に住んでいらっしゃる、ジャーニー母の知り合いの家にお泊まりに行きました。

僕はジャーニーの10キロほど手前のホテルでリッチに優勝してます。優勝は買えます。

 

昨晩は大船渡の公園でテント泊をし、釜石を経て山田町に来ました。距離自体は80キロ前後とゆるぽたのはずでしたが、三陸が本気出してきました。

大船渡から釜石まで、隣の市に行くだけなのに峠をいくつか越えなければいけませんでした。予想外でした。峠しかないんですもの。

 

釜石で15時頃にお昼にありつき、ひたすらアップダウンを繰り返して山田町です。距離は短いし、見所は少ないし、峠は多いしで三陸はヤバいです。自分を痛めつけるのが好きな、某A井やS宗、O川にはちょうどいいかもですね。

 

八戸~苫小牧フェリーの乗ろうと思っていた便が予約できなかったので、明日は山田町から久慈まで120キロ近くを走る予定です。死にそう…

広告を非表示にする