Journey's Journey

旅に生きる一人の大学生のお話

じそーちゅー part10&11(最終)

2015/8/17,18

秋田県大舘市~青森県青森県→北海道函館市

北海道函館市~北海道岩内町

コメント:2015年夏自走最後のMLです、18日はほんとにキツかったなぁ

こんばんは

この報告MLもついに二桁に突入しましたねぇ…としみじみ感慨にふける全(力)自走少年前田です

昨日出さなかったので二日分まとめて書きます、長文になるでしょう

昨日は朝ごはんまでご馳走になり、お世話になりまくった長瀞温泉をでまして、登ったいた矢立峠の途中で見つけた風穴を観光して、曳屋工事中の弘前城を泣く泣くスルーして青森港から青函フェリーで北海道入りしました。晩ごはんをラッピで食べたのですが、あの量、あの値段、あのウマさ、ラッピの素晴らしさを感じました。この晩はフェリーで会った方のお宅にご厄介になり、雨露をしのげて感謝でした。ちなみにこの方函館の公立大の教授さんらしくて驚きまくりでした。

今日は集合地岩内に是が非でも辿り着くべく、他のものには見向きもせずに雨のなかひたすら170キロ自転車を漕ぐ作業デイでした。風は吹き荒れるわ、雨は叩きつけてくるわ、ゴアテックスも浸水されて身体が冷え込むわ、しかもアップダウンも来るわで雨自走のつらみを存分に味わえた1日でしたね

唯一の救いは新潟でお会いした鳥取大の人と青函フェリーで再開して、長万部まで100キロほどご一緒したのが、よい記憶です

若干のナイトランにもなりましたが、無事に死亡しつつも岩内に到着できました

長い旅路でしたがこれで往路全自走完了です、最後に雨に見舞われましたがなんやかんやで旅のいろんな要素を味わえたよい自走でした

ただもし仮に来年もまた自走するならもっと時間の余裕を持とうと思いました

明日からはNUCCのみんなと新たな旅が始まります

今度はどんな感動が待っているのかと期待が高まります

他の班の旅路もよいものとなるよう祈りましょう

では

広告を非表示にする